現代の病気、糖尿病とは

現代の病気、糖尿病とは

糖尿病という言葉を聞いたことがある方は多いでしょう。

しかし、具体的にどういう病気かご存じですか?糖尿病とは、血糖値が高くなり、それによって様々な症状を引き起こしてしまう病気のことです。

糖尿病になると血糖値をコントロールしてくれるインスリンがうまく作用しなくなります。

それにより、必要以上に血液中にブドウ糖が流れ込んでしまい、結果血糖値が上昇します。

そうなると、筋肉や内臓といった器官に、必要な分のブドウ糖(エネルギー)が届かないため、それによる障害が起こり、治療を必要とします。

現在の日本では生活習慣病の一つとして数えられるくらい、誰にでも起こりうる病気になってしまいましたね。

もちろん遺伝的な原因などから起こる事もあるため、一概には言えませんが、一度なってしまうと治療は大変です。

治療にお金をかけるなら、予防にお金をかけたほうが断然良いはずです。

簡単ではありますが糖尿病チェックなどの診断も手軽にできますので、気になる方はやってみてください。

血糖値とインスリンの関係

糖尿病とは、インスリンが上手く作用しなくなり血糖値が上昇してしまうものですが、インスリンとはなんでしょうか。

インスリンとはホルモンの一つのことで、膵臓のランゲルハンス島というところから分泌されるホルモンです。

インスリンは、体内で唯一血糖値を下げる効果のあるホルモンですので、それが作用しないと血糖値の上昇につながり、糖尿病の発症・悪化に繋がります。

ですので、糖尿病の治療にはインスリンが用いられるわけです。

治療している方や、治療している人が周りにいるという方は分かるでしょうが、インスリンを食前に注射することで、食後の血糖コントロールを行うわけです。

このように、血糖値とインスリンは切っても切れない関係にあるのですね。

糖尿病の治療をサポート

健康診断でもすればそれは数値的に目に見えるものとなるため、定期検診や診断などで得た情報はよく調べて、自分自身の健康度というものを把握しておくことが大切です。

私も、職場などである健康診断で得た情報は、次の診断まで大切に保管しています。